幸せを建てています。  KONDOグループHPへ  社員のブログ一覧へ  近藤建設へ  近藤リフレサービスへ  近藤不動産へ

4月生まれの誕生会

2010年04月29日 23:35

今日は昭和の日。

昭和天皇の誕生日で、

「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」

ことを趣旨に制定された国民の祝日。

インフラが整備され我々を取り巻く環境は昭和の時代に比べれば、

各段に進歩し便利になってきています。

でも・・・

昭和の時代は、今よりエネルギッシュで人と人とのつながりが太かったように思います。

昭和の良さ・・・・

あの頃の風景をちょっと思いだした国民の祝日でした。

そんな今日の夜は、ご近所のお宅で4月生まれの誕生会が開かれ、

18日生まれの私も参加させていただきました。

19歳から71歳までの4月生まれの6人を、

家族と気の合う仲間が祝福です。


aP1020247.jpg


温かな人と人との触れ合いで、

心に潤いをもたらしてくれた、

昭和の日の誕生会。

そこには普段は忘れがちな宝物がありました。

感謝!







今日は建築士会通常総会

2010年04月28日 22:11

昨日、今日と二日続きの雨。

なかなか穏やかな日が続きません。

周辺でも天候のせいか、体調を崩している人が多く見受けられます。

その日の環境に合わせた準備、

そして規則正しい生活リズムで心身ともに健康を保つ。

万全の体調・・・充実した生活には欠かせません。


そんな今日の夜は、

(社)埼玉建築士会・入間第一支部・東部部会の通常総会が開催され出席してきました。

通常総会の議事では、議長を拝命しましたが、

皆さんの協力のおかげですスムーズに議事進行をすることが出来ました。


aDSC04541.jpg


平成22年度の事業計画は、

・建築士の向上を目的とする事業

・業務に関する勉強会(研修、見学会等)

・行政との連携(違反建築なくそう運動、耐震診断相談会、防災関連等)

を中心に会員相互の連携を活発にし、

社会貢献、個々のレベル向上です。


常に学び、それを実行する。

議事をしながら強く心した通常総会でした。







感じるセミナー

2010年04月27日 23:51

今日の夜は、青年経営塾主催による、

『感じる力2010』と題したセミナーに行ってきました。

講師は、飯塚保人氏、行徳哲男氏、アーサー・ホーランド氏の3名。

とても個性的な凄い組み合わせです。


aDSC04534.jpg

aDSC04536.jpg


内容は・・・いやぁ~感動しました。

ゾクゾクと胸がそして目頭が熱くなるセミナーでした。

3人の生きざま、醸し出す雰囲気、言葉・・・すべてが心に響いてきました。

言葉で書くと薄っぺらくなってしまいますが、


自分のスタイルに拘る

生き方という遺産を残す

感動する奴は生き残る

自然に向き合う

感じて動く

野生の力

知識と技術ではない・・汗がしみ込んだ知恵と技

思わなければ何も生まれない、思うから出来る

考えても解決しない、行動するから道が開ける
    ・
    ・
    ・

こう書くと当たり前のことですが、

3人の口から発する一つ一つの言葉が心にズシンと来ました。

セミナーの最後には特別ゲストの喜納昌吉さんが登場。


aDSC04539.jpg
aDSC04540.jpg


ご自身の作詞・作曲である名曲:『花』を、

沖縄三味線の弾き語りとアカペラで披露してくれました。

これも凄かった。

ゾクゾク鳥肌が立つほど感動しました。

魂の叫び・・・・そんな感じがしました。


自分のスタイルをやり続ける、ぶれない。

見えないものを見る・・・感じる力

見えないところでする・・・努力

そして本物の素晴らしさを感じたセミナーでした。


講師の先生方

喜納昌吉さん

主催の青年経営塾の皆さん

どうもありがとうございます!





  花 ~すべての人の心に花を~   作詞・作曲 喜納昌吉


  川は流れて どこどこ行くの

  人も流れて どこどこ行くの

  そんな流れが付く頃には

  花として花として 咲かせてあげたい

  泣きなさい笑いなさい

  いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ



  涙流れて どこどこ行くの

  愛も流れて どこどこ行くの

  そんな流れを このうちに

  花として花として 迎えてあげたい

  泣きなさい笑いなさい

  いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ



  花は花として 笑いもできる

  人は人として 涙も流す

  それが自然の 唄なのさ

  心の中に 心の中に 花を咲かそうよ

  泣きなさい笑いなさい

  いついつまでも いついつまでも 花を掴もうよ

  泣きなさい笑いなさい

  いついつまでも いついつまでも 花を掴もうよ

最近の記事